ゆで卵の物置

イラストや日記など

待ち合わせに必ず10分遅れてくるような人間が一人でまともに生活するために

余裕があろうとなかろうと10分遅刻します。絶対に駅までダッシュするし、挙句1本電車を逃します。10分待てば電車が来るところに住んでいてよかった。

 

そういう人で家事ができない人、多いと思います。自分もできません。能力的な問題ではなく。

掃除洗濯料理どれも嫌いではないですが、部屋は散らかるし洗濯物は溜まる、コンビニでご飯を買う。

何故なら日々を生き抜くのは大変だし、疲れるからです。家事をする精神と時間の余裕がない。

 

ただ、生活が破綻するとこまるし精神に良くないので、がんばって家事をやります。そういう記事です。

 

ちなみにこういうの、いろいろ病名とかあったりするんですが、ここでは言及しません。そういうのが嫌いだからです。どういう症状でどんな感じにつらいとかそういうのはググればいくらでもでてくるので。でも、そういう人がどうがんばればいいのかとかを書いている人は案外少ないですね。ここに書いてあることは全部自分基準なので役に立つかどうかは知りません。でも少しでも救いになれば。

 

1.完璧を求めない

今日は何と何と何をして何時までに終わらせるとかガッチガチに予定を決めがちなんですが、途中で力尽きたり寝たりしてしまうとやりきれなかった感だけが残ってさらにつらくなります。

計画はざっくりと、そしてできなかったことではなく、今日できたことだけを考えるのです。「○○と○○ができた。すごい。」と、とにかく自分を褒めるのです。健全な精神のために。

 

2.何か予定が入ってる日にやろうと思わない

無理です。力尽きます。もちろん予定が入ってる日がたまたま元気で、思い立って家事をやるぶんには全く問題ないと思います。えらいです。でも、すごくメンタル消費が激しい日だった場合、予定していた家事ができないとすごく落ち込みます。精神に良くないです。

 

3.モチベーションをあげる

計画はざっくりと、とは書きましたが、モチベーションを上げるためにいろいろ想像するのはいいと思います。作りたい料理、片付けたい場所などなど。あと音楽かけたりアニメ流したり。ご褒美のお菓子を買ったりもいいと思います。自分は終わったらビールを飲みます。最高。

 

4.集中が切れそうなら仕事を残して休む

集中しているときはとても効率よく仕事ができるけど集中が一度切れたらなかなか復帰できない人は、あえて仕事を残して休憩をするのがオススメです。ひと段落ついてからやるより、また立ち上がることができる可能性が高いです。それでもダメなときは諦めていいと思います。未来の自分を信じろ。

 

5.新しい試みをしてみる

全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、自分の場合決められたことを毎回やることが苦手で新しいことを考えるのが好きなので、例えば掃除をするときは毎回少しずつ物をしまう場所を変えたり、向きを変えてみたりします。あとは洗剤の匂いを変えたり、料理に知らない食材や新しい調味料を加えてみたり。

もちろん同じことを繰り返さないと気持ち悪い人もいると思いますが。自分にあったやり方を模索していくといいと思います。

 

こんなところです。それでもできないときは諦める。これに尽きます。仕方ないことなので。